• Admin
  • New entry
  • Up load
  • All archives
  • あのちゃん ディストピアなう ホーム » スポンサー広告 » 再生可能エネルギーはいらない »市民発電所はどこへいくのか 上級編 蓄電池

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    市民発電所はどこへいくのか 上級編 蓄電池  

    蓄電池編 1b


    蓄電池編 2b
    蓄電池編 3b

    エコ詐欺ウォッチャーの上級編です。
    今回のお題はオフグリッドソーラーと蓄電池です。

    蓄電池におひさまの電気を貯めてオフグリッドで使う。
    なんて夢とロマンがあるんでしょう♡
    オフグリッドソーラーのワークショップに参加して
    ベランダで菜園・・・もといソーラーパネル設置で電気を自給自足。
    省エネは楽しくなければ続かない。
    もうそんなにモノはいらないじゃない><ロハスな生活。地球にやさしい自分が好き。

    ・・・・でも単にそれ自己満足ですから。
    経産省ご推薦の分散発電、国策に沿った高価なパネルと蓄電池を買って、つつましく節電生活せよと、そのまんま。
    原発をなくすことには繋がりませんから。

    まあ、逆潮流もせず近所に迷惑かけないなら好きにやっとれとも思うんですが
       →太陽光発電の嘘 その8 夢とロマン
    太陽光発電と同じく蓄電池もまた全く自然に優しくない。
    ベランダでオフグリッドやってるようなのが事業者のメガソーラーは好ましくないといいながら、反対できるわけもなくw
    放射能汚染地域で再エネのお祭りやってる間に被爆政策を進めている。
    オフグリッドソーラー好きな人はもっと国の補助金を!と叫ぶのみ。
    そして、隣の太陽光発電の電磁波で被害を訴える声は確実に増えてます。
    近所迷惑なんですよ。
    亡国の装置ですから、言及しときますね♡

    詐欺師の手口って巧妙ですよね。
    以前はオレオレ詐欺なんて言ってましたが、それから振り込め詐欺になって
    今は気付けばニセ電話詐欺に変わってましたよ。
    名前は違えど、まだまだ多いようです。
    わかってるハズなのに騙される。なんでだろ~?

    詐欺のコツ その1
    危険を煽ります。
    電気足りない!地震対策!エネルギー危機!地球温暖化!!!
    などですね。

    詐欺のコツ その2
    真実を5割以上混ぜて話すことです。
    8割真実を言ってただし都合悪いことは何も言わず、人を惹き付けます。
    最後の1割2割で嘘をついてミスリードするわけですね。
    だから詐欺師はとーってもいいこと言ってる場合が多い♡

    詐欺のコツ その3
    情報は小出しに。
    太陽電池で発電した電気が途中でカットされたり
    消失したりすることは、詳しい人は最初から知ってます。
    もちろん詐欺師本人もw
    しかし、最初はそんなこと言わないで
    とにかくパネルを買わせて足を抜けなくさせてから真実を話し
    次は蓄電池を買わせる方向で誘導していきます。
    さて次はどんな真実が明らかになってどこへ連れて行かれるのかな~?

    市井の詐欺師にさえみんなコロコロ騙されるのに、
    国家自体が詐欺を合法的に働いているとしたら、騙されないことは極めて難しいことです。

    脱原発・再生可能エネルギー界隈には経産省から要請をうけた詐欺師がいて
    羊たちを纏め上げ、撹乱し、ミスリードしている。
    一度騙されるとプライド高い人や、仲のいいお友達がすでにできている人は絡め取られてズブズブです。

    後半の劣化ウランを使ったレドックスフロー電池爆発はまだ研究中なのでSFの世界です。
    しかし、ピンチをチャンスに、ゴミをカネに換えるのがこの国の経済政策ですから
    核のゴミをニッポンのすごい技術で蓄電池に!ついでに保管も!・・・・ありうることですよ。
    ちょっと調べればボロボロ出てきますが、再エネ業者=産廃業者ですから。

       →再エネのためにレドックスフロー蓄電池が開発されている。ついに「劣化ウラン」を使ったものまでも!?

    ああ、心配しなくてもいいですってw
    万が一爆発して劣化ウランがまき散らされても病気になったり死んだり奇型児が生まれたりするだけですから。
    いままでも、何回かあったようだし(←!!)

    そういえば、ここらへんは311の直接的影響はなかった地域ですが
    当時いろんなモノが店頭から消えました。
    中でも印象的だったのは、計画停電のお知らせがあったため、すべての電池が電器店・スーパーから消えたことでしたね。
    電器屋に寄ったら「電池ないですか?」とお年寄りが尋ねる。店員が「ないですね~」と返す。
    年寄りは電池を求めて店をはしごしていた様子。
    そんな事態が半年ほど続きました。
    被災地に送るわけでもなく、買い込んで冷蔵庫や洗濯機が動くわけでもなく、それでも買い込む、電池。
    あの時、電池買い込みできた年寄りはもう一生分の電池が手元にあるんじゃないかな。

    みんな、よっぽど電池大好きなんだねぇ(´Д`)
    そりゃ、詐欺師の大勝利だわw

    いつものごとくあのちゃんはどうぶつの町から去ります。
    ハッピーエンドはないですね。
    楽しくなくていいんです。上等。
    むしろハードボイルドで行きましょう。








    スポンサーサイト

    category: 再生可能エネルギーはいらない

    tb: 0   cm: --

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://distopiaanochan.blog.fc2.com/tb.php/119-3423083f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    あのちゃんと家族

    最新記事

    カテゴリ

    ▲ Pagetop

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。